運営団体について

一般社団法人らしくサポートとは

【目的】この法人は、男女共同参画社会の実現にむけて、性別や環境、固定的概念にとらわれず、ひとりひとりの個性や能力を活かした多様な生き方を尊重し、共に責任を分かち合いながら、個人が十分に力を発揮できる社会形成の実現に寄与することを目的とする。

子どもの将来がその生まれ育った環境によって左右されることのないよう、貧困の状況にある子どもが健やかに育成される環境を整備するとともに、教育の機会均等を図るため、子どもの貧困対策を総合的に推進することを目的とする。

  • 男女共同参画の形成とその他のよりより社会形成の推進
  • 女性の活躍推進と活躍の場の拡大、就業、起業、キャリア支援
  • ひとり親家庭の生活安定、親への自立支援、子どもへの学習支援
  • 子どもの貧困対策推進事業に関する支援
  • ICT活用による学習支援、就労支援
  • 前各号に揚げる事業に附帯又は関連する事業
    設立メンバー:社会保険労務士・会計記帳代行業・パ ソコン講師・コーチング講師

※子どもの貧困とは・・・経済的貧困だけでなく、知識や教養の不足、倫理感の欠如等

IT事業部とは

2020年から大学入試センター試験に代わって導入を検討されている新試験は、これまでの知識を問う試験から、思考力、応用力を評価する試験になります。
この能力を鍛えるための一つの方法として、試行錯誤を繰り返すプログラミングが注目されており、
都会はもちろんですが、お隣の県の熊本や鹿児島でも着々と動き始めています。

田舎だから…ではなく田舎でも出来ることとして、子供の可能性を伸ばすため、地域間格差を少しでも狭くするために、私たち、パソコン教室(ゆいま~るぱそこん)が主体で行うプログラミング教室では、その先を見据えた取り組みとして、タイピング検定にも力を入れています。
小さなうちに、手元を見ずに、画面だけみてのタイピングが出来るようにトレーニングしていくことは、プログラミング言語を学ぶ時、学校でワード・エクセル等の試験を受ける時、そして社会人になった時にも、本当に役に立ち一生の財産となります。
時代の流れはどんどん加速して行き、生産性が求められていきます。未来ある子ども達の為に、私達の出来る事で応援して行きます。

 

運営団体:一般社団法人らしくサポート

管理運営団体:合同会社ゆいまーるサポート

協力企業:日本情報クリエイト株式会社